contact@miraihuman.com

Hotline: (+84) 6686 3208

vn jp
slide-2

Hỏi đáp

Muốn sang Nhật làm điều dưỡng

"Q:  私は24歳で、医療専門学校を卒業しましたが、日本で働く機会がありますか(病院とか老人ホームでの老人の世話する介護や看護職など)。私は北部にいます。 A:  現在、日本はベトナムと協力して、日本の老人ホームで働く看護師や介護士を募集しています。参加条件: *介護士候補者の場合: +日本語能力証明書N4を持っている。+看護短期大学卒(3年)または看護大卒(4年)。+年齢:35歳以下。+認定された病院によって健康状態を確認されたこと。+犯罪歴がないことまたはベトナムの法律で規定されている刑事責任で訴追されていないこと。 "

XKLD Nhật. Bao lâu mới có công việc ổn định

"Q: 私は25歳の女性会社員で、短期大学の経営学科を卒業し、日本で働きに行きたいですが、私が持っている資格と事務経験は日本で働くのに役に立ちますか?平均的に、日本語を学ぶ期間のにどれくらいですか?費用はいくらですか?日本に来て安定した仕事に就くにはどれくらいかかりますか?給与と政権のどうなりますか? A: (ミライヒューマン社のコンサルタント)あなたの場合は技能実習制度に則って日本で働きに行けます。ただし、実習生の求人では、多くの場合仕事は製造や検品や包装など、主な職種は電子部品組み立てや食品や水産や農業などです。会社では日本語教育と仕事訓練に重視していますので面接を参加する前に基礎知識の準備はとても大切です。面接を受けられるのに、最低3ヶ月間基本的な日本語の勉強が必要です。しかし、通常6ヶ月の訓練を受けられる候補者は面接のマナーと日本語能力がレベルアップし、面接に合格確率は高くなります。本番面接の前に、面接参加条件を満たした候補者には自習先会社や仕事内容や商品や給料や勤務時間などの情報が通知されます。面接を合格したら、直ぐ雇用契約を署名することができます。説明した通り、日本へ行ってから仕事探しを始めることではなく、仕事内容や場所や勤務時間や給料などの情報は面接事前に通知されます。給与は、各地域によって異なり、大体約2500万ドンに相当します。日本での技能実習を実施している間、あなたは日本人の労働者と同じ権利と義務を持っています。 "

Chuẩn bị gì để XKLĐ Nhật?

"私は25歳、男性、NGHE AN省の出身、電機技術短大系卒業済み、同じ専攻についてBACH KHOA大学で編入しています。私は3年間以上日系企業で技術担当に関して経験があります。大学卒業後、日本へ働きに行きたくて、どんな形式はいいですか。形式により、費用、前払い、手取りはいくらですか。今から、何を準備しなければなりませんか (初級の日本語の勉強)(dvquan37@...)。 Mirai Human有限会社のカウンセラー:上記の年齢、調子、学歴、実務経験があれば、技能実施実習に参加するのが最も適切です。しかし、日系企業の電機技術職種はほとんど採用されていません。男性に対して求人が主に機械製造職種です。将来の職業目標を変え、新しい分野に変更する場合があるので、参加する前に自分の希望と計画を実施する必要があります。私たちは特に機械と電機電子、製品製造、生産に関して職種を体験した方がいいと思っています。5~10年後、外国語、知識、工業製品製造経験により、多くの事業開発機会があります。もし、日本へ働きに行きたっかたら、一生懸命日本語を勉強し、よく日本文化を調べた方がいいです。現在の日本語を学ぶ事はいいと感じます。そのため、今後、日本語を練習し続けているべきです。"

Nhân viên marketing muốn XKLĐ Nhật

"私は1988年に生まれ、身長166CM、体重50KG、健康であります。マーケティング員であり、アメリカに輸出する果物を処理包装工場で工員を管理しています。現在点では、退職したくて、日本へ働きに行きたくて、家族の経済環境のため、お金を稼ぎ、職業経験を重ねると思っています。手続きや費用などについて質問があります。(ngamedia244@) Mirai Human有限会社のカウンセラー:若者の多くの日本へ行く目的はお金を稼ぎ、家族を手伝うことであります。もしそうなら、3年以内にお金を稼ぐのみです。ベトナムに帰ってから、仕事応募の際に、安い手取りに不満を感じるでしょう。ですから、私たちのアドバイスは、日本へ行く目的を再度計画することです。どんな職種、どんな会社が選ばれますか。帰国後、ベトナムの同様会社で専攻と職種を開発する目標を設定するべきです。同時に、日本での技能実施実習の3年間、日本語が上達する計画を作成した方がいいと思っています。現代、多くの日系企業がベトナムへ投資しており、関係専門経験がある、日本語コミュニケーション能力がある、明確な事業志向がある、責任を持つ人材を必要としています。もし候補者が上記の要件に満たしたら、高い手取りを支払われるのが当然です。"

Kỹ sư cầu đường muốn XKLĐ Nhật?

"私は道路と・橋の土木エンジニアで、2012年6月にハノイ交通大学で卒業しました。国内企業は常に経験を必要とするため、私はまだ仕事に応募することができませんでした。現在、エンジニアとして日本に働きに行くことを調べています。質問は現在、道路橋を作る土木エンジニアの求人がありますか。特に、未経験エンジニアは行けますか。エンジニアをあっせんする評判の良い会社は何の会社ですか。(私の出身地はQuang Binh省です。)ミライヒューマンの専門家のアドバイス:こんにちは 。私たちの経験では、日本の雇用主は日本で働くために道路と橋のエンジニアを募集していません。募集案件は主に機械工学、自動車整備士、自動化、機械設計、電子工学などです。候補者は日本語のN2以上レベルを持っている必要があります 。 現在、ミライヒューマンは、上記の適切な職業を持つエンジニア向けの学生を募集しています。道路橋を作る土木エンジニアでは、日系企業で働く希望を持つならば、日本語を学んで、ベトナムにて工事する日本の建設会社又は、日本と提携するベトナム建設会社に就職することが出来ると思います。 また、経験を積み、資金を蓄積し、日本語能力を活用するために、3年の建設実習生(労働者制度)として日本に行ってもいいと思います。帰国してから、日本と関連した建設業、日本語を使用する仕事又は日本にての働く経験を利用して仕事をすることは出来ます。 雇用主は経験者のみ採用することについて、私の採用活動の経験上で、理解しやすいと思います。競争が激しい社会では、トレーニング期間と経費を節約のために、経験者を採用する。特に、建設業が困っている現状では、就職活動をする人は仕事の量より多いです。 企業は給料が低いのに優秀な人材を採用するチャンスがあります。今日の競争の激しい時代に、企業は時間とトレーニングコストを節約するために経験豊富な人材を欲しがっています。特に、建設業が困難に直面している時代には、求職者の人数は仕事の数よりも多くなるため、雇用主には低賃金で優秀な人材を募集するチャンスがあります。さらに、新卒者が仕事に応募するとき、次のような経験を共有します:あなたの学業成績が非常に良くても、最初の就職は最高の優遇を選ばない方がいいと思います。 逆に、好きな業界、会社、仕事を選択することを通じて、雇用主に連絡するべきです。 長く働きたい会社を見付かったときは、出来る限り最低の給与を得ることで雇用主を納得させて、共に、情熱、決意、コミットメント、開発を示して、 取締役会を説得することです。そのような候補者がいる場合、雇用主はあなたを採用し、訓練し、将来あなたが彼らの会社の発展に貢献することを期待するかもしれません。 あなたが期待どおりに高い給料を求めることに対して、雇用主はあなたの経験を要求し、あなたがうまく働いて、長期的に貢献できることを求めます。事業の発展は下記のような段階を経過する。研修段階(卒業して就職する場合):業界、環境、仕事の関係、最低限のスキル、原則、規制に慣れるのに通常1〜2年かかります。応用段階:約3年。 職場環境と仕事上の関係に慣れてから、知識、思考、学習の経験を活用して、職場での応募能力を高めます。 特定の割り当て。上司の信頼を活用し、蓄積された能力を発揮して、単純な任務から複雑な任務まで多くのタスクを完成します。職場での昇進の前提を作るのに必要な期間です。 成長と発展の段階:約5年以上かかります。 5年間の継続的に働くことより、あなたの信頼、能力、忠誠心が上司の心に良いイメージをもたらします。5年間で蓄積した経験と成果により、貴方が上司からもっと重要なタスクを任させられることは簡単です。この時点は、貴方の事業が昇華する時点であり、以前の目標を達成する前提です。そして、急いで職場を離れた人が多くのに、残ったあなたが上司に信頼されるのは当然です。現在の状況は、「研修期間」を完成したばかりの若者は能力についての妄想して、仕事に応募するときに高い給料を要望する。しかし、「応用段階」を経過して、自分の経験を蓄積することは最も重要なことが忘れられました。あなたは普通の給与、または、望むより低い給与を受け入れて、そして、仕事に参加して、トレーニングを続けなければなりません。 学校で学んだ知識が大したものではないと真剣に認識しなければなりません。実際の社会で接触した事や勉強した事は大事ですがその知識が学校で教えられないです。 「応用段階」の途中に、能力を高めなければならないのに、多くの若者は、ちょっと高い給与を求める為に、転職してしまいます。 雇用主にとって、これは非常に残念なことです。雇用主はそのような候補者が会社の発展に専念しておらず、自分の発展にも軽視します。会社で短い期間で働いた事が、貴重な経験を身に付く事は出来ない。 おそらく、これがベトナム人材の「余剰だが不十分である」問題の原因だと思います。 正しい決断と成功をお祈りします!"